ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

記事一覧

2050年型住宅研修in沖縄

先日2050年型住宅の研修を受けに沖縄まで行ってきました。
(2050年型住宅とは簡単に言うとゼロエネより進んだ住宅です)
南の国でさぞ暖かいだろうと想像していったのですが、
あいにく現地は風が強く、体感温度はこちらとさほど変わらない感じで残念気分でした。
研修では各工務店の2050年型住宅の設計内容をプレゼンし合い、
さまざまな考え方、工夫などがあり非常に参考になる内容でした。

研修の帰りに沖縄の伝統文化財であり300年の歴史がある
「中村家」によってきました。
ファイル 24-1.jpg

沖縄特有のヒンプンと呼ばれる石垣に囲まれたなかに
建っており、周りには「フクギ」という強風を通さないような
木が立っております、建物には随所に石灰岩や漆喰を使っており

特に屋根瓦の上に漆喰を塗り、
屋根が熱くなりにくくしてあるのが
印象的でした。


ファイル 24-2.jpg

ちなみに竈の煙で屋根が乾燥し虫除けになるのって
みなさんご存知ですか?
今でいう通気工法を竈の煙が代わりに行っていたんですね。
昔の人の知恵はすばらしいです。

ファイル 24-3.jpg

キリの床 

ファイル 23-1.jpg

<現場からの便り>

 寒くなってきましたね。仕事で動き回っていると、以前島田工務店で家を建ててくださった施主さんに会うことがあります。スタッフ内ではOBさんと呼んでお付き合いさせていただいております。 OBさんとお会いすることは、「お住まいはどうでしょうか~?」などと家の状態を聞く、モニタリングのチャンスなのです。 今回もいい声を聴くことができました。
(OBさん)「キリの床はあったかくて体感温度2~3°違う、冬でも靴下なくても平気、キリの床にしてよかったわ~」
 年配の方の声です。年をとると寒さがキツくなると聞きます。冬あったかいキリの床、モデルハウスや事務所にて、体感できます。興味のある方はご連絡の上是非お越しください。

                         by fuku

式年遷宮

先日内宮にて遷宮が行われました、伊勢の賑わいはすごいですね
おかげ横丁は前からですが、外宮前もなかなかの賑わいです。
うちの事務所は伊勢西ICの近くですからICに近づけば数時間の渋滞に巻き込まれます・・・うっかりが禁物です。

ちなみに一般的な神社は妻側(屋根が三角に見える側)から入る妻入りの建物がほとんどですが、神宮は神明造という軒先側に入り口を見せる作りになってます。なので伊勢の信仰深い方は「妻入りでないといけない、神様と同じなど畏れ多い」と言われます。構造は柱などはヒノキで作られ、釘などを使わずに見事に組まれています、組むのは宮大工といい、一般的な大工さんとは違い専門の職人です。私たちは注文住宅をしているわけで、仕事は少し違いますがシンプルな中に見事な技術が入っている、木を大切に使う点では同じなのではないかと思います。

最近は松阪や津の方の相談も多いですので
「相談ついでに伊勢神宮」
と気軽に足を運んでいただけたらと思います

9月の業者会

当社では『建友一番会』という大工さんなどの現場の職人さんを
集めた会があります。
主に毎月の定例会やイベントのスタッフとして協力していただいてます。
今回は9月の定例会で現場マナーの講習をしました、
各自の経験から他社のやり方などを参考により良い現場にしようと
話し合ってます。
 
「現場に出入りする人間ひとりの行動がお客様の評価になる」

職人が悪いマナーをすれば近所や見かけた人からお客様へ苦情が
行くわけです、当たり前のことを口に出し改善していくことが
お客様がスムーズに暮らしていける住環境をつくるのです。ファイル 20-1.jpg

2050年型住宅

先日2050年型住宅の研修に参加してきました
非常にレベルの高い講義内容で元東大の教授のテキストを使ったり
しながら北海道の最先端の断熱の仕方なども出てきたりです。
厚さ70㎝の壁断熱などの話もあり、
これが北欧や北米、ドイツなどでは普通に行われているのです。
日本では総理大臣がころころ変わることもあり
なかなか先進諸国なみの義務化はおこなわれておらず
CO2を減らす、地球温暖化を防ぐ観点からも恥ずかしい限りです。
(環境問題では世界からバカにされているそうです)

しかしながら2020年にはある程度義務化されることになるわけです
北海道では結露問題などを大量に起こした過去があり
技術を習得するには時間もかかることなどから
今からやっていかないとまずいです!
ちなみに当社では4年前からこの取組を始めており、
職人や、現場管理者、設計などの高度な技術者を育てること
に力を注いでおります。

伝統的な木の家と先進技術の融合が
お客様の家を快適で丈夫なものにしていくわけですから。

ファイル 18-1.jpg

モデルハウス

まだまだ暑いですね、
外で働く職人さんなどは大変なものかと思います
早く涼しくなればいいですね。

暑くないと体感的に良くないものもあります、
かき氷や水泳、
あと地熱のモデルハウスなんかも・・・・

15~17℃の地中熱を利用し蓄熱する地熱の家では
夏と冬に一番体感しやすい(効果を感じやすい)
と思います、毎週土日や、平日も電話一本で見れますので
ぜひ8月の暑いうちに体感しにいらしてください。
お待ちしております。

ファイル 17-1.jpg

ページ移動

お問い合わせ・資料請求
メールでのお問い合わせ