ページの先頭
  1. ホーム
  2. 商品メニュー
  3. 幻の漆喰

幻の漆喰

古の知恵が今に生きる天然の空気清浄機

伝統の技と高度な技術でつくられた、今までにない新しい壁材。それが幻の漆喰です。自然素材しか使っておらず、人体にも無害で安全です。また、光熱触媒によって自動的に美しさを保ちます。

幻の漆喰の秘密とは?

幻の漆喰

幻の漆喰は、化学物質に対する吸着力が非常に高い「焼成カルシウム」と「麻のスサ」や「海草」を煮込んで作った糊を、無菌水で混ぜ合わせて作られています。ですから、完全天然素材で、安全な壁材です。さらに特筆すべきは、光熱触媒の効果。光が当たる場所だけでなく暗がりでも温度と反応を起こし、臭いや化学物質を吸着・分解。半永久的にクリーンな空気をつくり、心地よい居住空間を保つのです。

光熱触媒とは?

光熱触媒とは、「自身は反応の前後で変化しないが、光を吸収することで反応を促進するもの」。例えば、光が当たると「幻の漆喰」は触媒として働き、空気中のゴミや有害物質を吸着・分解します。この現象により、光が当たることで半永久的にクリーンな生活空間を保つことができます。又、+3℃以上の室温にも反応し、同様の効果が得られます。

「ホルムアルデヒド分解試験」での驚きの分解力 30分でほぼ分解!

化学物質を吸着・分解する幻の漆喰が持つ光触媒の効果は、『ホルムアルデヒド分解試験』でも実証済み。アトピー(アトピー性皮膚炎)やアレルギーの原因の一つともいわれるホルムアルデヒドの分解試験では、右のような結果に。
わずか30分で驚きの数値が出ています。

幻の漆喰 4つのメリット

結果から解る本物の健康住宅 データが実証!!〜幻の漆喰編〜

試験結果から解る本物の健康住宅。
どれだけの物質を吸着・分解するのか実際に試してみました。

ホルムアルデヒド吸着試験 室内空気汚染物質放散速度測定 抗菌力試験

PDFダウンロード
PDFダウンロード
PDFダウンロード

「空気浄化作用」について検証!

ミカンを使った実験で幻の漆喰の底力がわかります。

※画像クリックで拡大表示します。

みかん実験1

みかん実験2

みかん実験3

各仕上材別に造った、模擬ミニチュア的部屋=箱を造って、それぞれにミカンを入れ、サランラップで中が見える様に密封して変化を見てみました。

時間が経つ毎に、ミカンが劣化していくことが解ります。

ここまでくると一目瞭然、幻の漆喰だけはミカンの劣化がほとんど見受けられません。

お問い合わせ・資料請求
メールでのお問い合わせ