平屋のメリット

・家族とのコミュニケーションが取りやすい
平屋は同じフロア内にすべての生活スペースが収まるため、家族で顔をあわせる機会が多くなり、コミュニケーションが取りやすくなります。

・2階建てより構造的に安定している
平屋は複数階の建物と比べると構造的に安定しています。地震大国である日本に住んでいる以上住居の耐震対策は必須ですので、2階建てより安心できるところです。地震だけでなく台風に対しての危険も軽減します。

・階段部分のスペースを有効活用
一般的に階段やそのホールに必要なスペースは4畳から5畳分と言われています。平屋には階段がありませんので、そのスペースを書斎や寝室にできますので、2階建てよりスペースを有効的に活用できます。

・太陽光パネルを設置する面積が広くなる
同じ部屋数の平屋と2階建てを比較した場合、平屋の方が屋根の面積が広くなりますので、多くの太陽光パネルを設置することができます。発電量も大きいので売電収入も期待でき、設置費用の回収年数も早くなります。また平屋は屋根が低いので、地上からでも太陽光パネルを目視で確認できるので、万が一、太陽光パネルに鳥の糞などの汚れや傷がついていたとしても、すぐに確認することができます。

・メンテナンスしやすく費用も安く済む
住宅は購入したら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要になります。住宅を長持ちさせるためには、まず普段から掃除をすることが大切です。コンパクトな平屋なら掃除をするのも2階建てほど大変ではありません。また業者によるメンテナンスの場合、2階建てだと足場を組む必要がありその分費用がかさみますので、2階建てよりメンテナンス費用を安くすることができます。

・バリアフリーで安心の老後
若いときは平気でも、高齢者になると少しの段差が転倒やケガのもとになります。平屋は階段がありませんので、1階2階を上り下りする必要がなく、水平移動だけのとてもシンプルで楽な生活動線となります。バリアフリー設計で建てれば、終の棲家として老後も安心して暮らせます。

 

平屋のデメリット

・工事にかかる坪単価が高くなりやすい
坪単価とは、1坪あたりにかかる建築費のことです。同じ床面積で比較すると、基礎部分の面積は平屋の方が広くなるので、必要な基礎工事が2階建てよりも多くなります。そのため、坪単価が上がってしまうのです。また、基礎部分が広くなるということは屋根も大きくなるので、やはりその分だけ費用はかさみます。

・広い敷地が必要
部屋数がたくさん欲しい場合、平屋はその分だけ広い敷地が必要になります。その上、駐車場も必要な場合はさらに広い土地が必要です。もともとお手持ちの土地が広い方には、ゆったりとした造りの平屋も選択肢のひとつになりますが、お手持ちの土地がそれほど広くない方や土地をお持ちでなく新たに購入する方にとってはやはり難しくなってくるでしょう。

・プライベートの確保が難しい
平屋のメリットのひとつに、家族とのコミュニケーションが取りやすいことがありました。しかし、それは逆にお互いのプライベートを確保するのが難しいというデメリットにもなります。平屋でもそれぞれのプライベート空間を確保したい方は、建築士に相談しておくといいでしょう。

・陽当りの確保が難しい
平屋で建築面積が広くなるほど、建物の中心部は陽当りが悪くなってしまいます。そのため、平屋では建物の中心部の採光や風通しに配慮する必要性があります。たとえば、中庭を設けたり、天窓を配置するなどの工夫が有効ですが、割高になってしまうデメリットがあります。

・防犯のうえでは不安
1階に大きな窓を構える平屋の場合、プライバシーも気になるところですが、防犯面でも注意が必要です。窓を割るのに手間のかかる二重ガラスにする、防犯フィルムを貼る、センサーライトを設置するなどの対策が必要です。透過性のある囲い、または中庭を設けてみるのもいいでしょう。

お気軽にお問い合わせください。0596-23-2831営業時間 10:00-19:00 定休日 水曜・祝日

お問い合わせはこちら