木造住宅で一番大切な乾燥方法を追求した、生きた建材。 それが「音響熟成木材」です。 ココロと身体を癒やし、目を閉じれば本当の森の中でくつろいでいるような気分になれることでしょう。

木造住宅で最も重要となるのは素材となる木材。その木材の質を決めるのは木の「乾燥方法」だと言われています。その方法を大きく分けると、「自然乾燥」「機械乾燥」の2種類。文字通り、時間をかけて自然に乾燥させるのが自然乾燥、熱風やスチームなどの高熱を利用し人工的に乾燥させるのが機械乾燥です。
木材にとって良い方法は、言わずもがな自然乾燥。ただ多大な時間がかかり、乾燥途中で割れたり変形したりしロスが多いため、非常にコスト高になってしまいます。逆に機械乾燥は短い時間でできるために、多くの企業が採用しています。ただ、機械によって一気に高温に上げるため、木材の最も大切な油分やエキスが、水分と共に蒸発、同時に木の細胞が破壊されて、木本来の機能が失われているというデメリットがありました。

メリットデメリットがある「自然乾燥」と「機械乾燥」。
それでは、質を保ちつつ、コストをかけない新しい乾燥法はないものか…。
そうやって私たちが行き着いた答えが「音響熟成木材」でした。
常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させるという方法。
木の細胞が破壊されることなく、木材の持つ油分やエキスがそのまま残り、保湿作用・保水作用・防菌作用を持ち合わせ、時間とともに美しいツヤも出てくるという、まさに「生きた建材」。木が持つ本来の力を生かすことで、本物の自然素材を生み出し、様々な効果を生みだしたのです。

自分だけのオリジナルの家具が、職人の手によってていねいに作られます。また、一般の建材を一切使用していないため、化学建材の臭いが洋服にうつることもなく、赤ちゃんや子どもたちの服をしまう場合も安心です。木の落ち着いたぬくもりや、使い込むほど美しくなっていく色合いで、一生付き合っていけるお客様のためだけの家具となることでしょう。

  

本来、木が持つさまざまな魅力を最大限に生かすため塗装は一切行いません。既製品建具が普及する現在、少なくなっている建具職人の手により、心を込めて一枚一枚作り上げました。音響熟成(R)木材の特徴を保ったまま作られた建具は、家全体と調和するやさしい風合いが感じられます。木の感触はぬくもりを感じ、香りは心を落ち着かせてくれます。

試験結果から解る本物の健康住宅。音響熟成木材の力を科学的に検証してみました。

お気軽にお問い合わせください。0596-23-2855営業時間 10:00-19:00 定休日 水曜・祝日

お問い合わせはコチラ